六大神

愛知県岡崎市の六大神にまつわるお話です。かつて、村人たちは祭祀の準備をしながら神社の舞台を広げました。その時、誰かが便器を使って水と泥を持ってきて、それを壁に拭きましたが、誰も気づきませんでした。ステージが拡大した日には、若者達がリハーサルをして踊りました。その夜から、奇妙なことが繰り返し起こった。多くの場合、ステージには大きな綿や火の玉が転がっています。村人たちは少し変な感じがしたので話し始めました。その結果、誰かが建設中にトイレを使用したことが誰にでも知られていました。 3日目の真ん中に、村人が集まって話し合ったとき、Liusuo山の地域で突然大きな音が聞こえました。ヤントンを右手に、大きなキャンドルを左手に持つと、突然3メートルを超える巨人が村人の前に現れました。巨人は怒って彼らを見つめました。この巨人は六大神と言われ、トラブルを恐れた村人たちは心からお詫びしました。一般に、神々の怒りは幽霊の形で表されますが、6人の偉大な神々が直接現れ、それがどれほど怒っているのかを示しています。

運命の祭壇

高知県土佐市の清滝寺に行ってきました。四国八十八ヶ所のひとつです。そこに不思議な石が置かれ、不思議な気分になりました。石の上には巨大な仏像が立っていて、その横には奇妙な老婆が立っていました。その老婆は私に百円払うように頼んだ、そして私はそれを彼女にあげた。彼女は私を秘密の通路に導きました。 -洞窟は暗く、しばらく歩いてみると、薄明かりの中に仏像が見えました。よく見ていると、突然誰かが背中を撫でました。振り返ってみると、たった今おばあさんだった。彼女は手で上から下に背中を撫でました。私は少し変な感じがし、老婆は立ち止まり、「こうして不運は追い払われるだろう」と言いました。老婆は出口がどこにあるか私に教えてくれました、そして私は急いで走りました。当時、参拝に来る人は少なく、ひどい気分になりました。出口を出た後、おばあさんはさりげなくその場所に立ち、次の観光客を待っていた。いつもおばあちゃんは怪物だと感じていたので、しばらくじっくりと見ていました。何も起こらなかったのに不思議な感じがして、山を下りました。

ムー寺院

この種の神は、天津を信じる前に人々が信じていた一種の「雄牛の神」です。薩摩半島の加世田市(今日は南南薩摩市)では、10月に米が収穫される旧暦で、「ムー・モーデン」と呼ばれる雄牛の神が祀られています。いけにえの儀式の最中、人々は水田にわらの束を建てるでしょう。子供たちはわらを囲み、「ムー、乾いた水田、水田、1リットルの植物、13袋をぶつけた」と歌った。また、口の中に牛タンに似た餅があり、お互いを引っ張った。これは豊作を祝い、来年の成功を祈願するためのいけにえの行事だそうです。 「ムー」とは牛の鳴き声のことです。 SP、子供たちは牛の神々になりました。また、当日の深夜には、天神を崇拝する「長寿山」と呼ばれる行事が行われる地域もあるそうです。九州のいたるところに牛の神様が祀られています。熊本県天草市御和町ゴリ町で参拝した牛の神様が真夜中に櫛堂へ行き、「カサカサ」という音を立てる。誰かがこの音を聞いたら、誰かが死ぬか、翌日に火事になります。このようにして、雄牛の神は差し迫った災害を人々に知らせます。

ポセイドン

ボーズは、鹿児島県のテガラ諸島と江島の伝説に登場するエルフの一種です。お盆の終わりである7月16日に登場します。ボスを演じるすべての若い男性は、マスクとヤシの葉を身に着けています。これらはすべて手作りですが、何らかの理由で、若い人たちはポスに扮した女性や子供に見られてはなりません。 「タラ」と呼ばれる墓地の近くの広場では、ボンダンスが終わった後、ボスがステージに上がり、「ポセマラ」と呼ばれる長さ1メートルの棒で女性と子供を追いかけたり怖がらせたりしました。 「ポセマラ」は、一端が赤く濁った水で汚れており、悪霊を追い払う効果があります。女性が赤い泥水で妊娠するとき、それは単純な恐怖ではないと思われます。かつてはボーズの伝説が、ツカラ列島の中之島にも広まった。しかし今、関連する伝説を聞くことができるのは、イービルロックアイランドだけです。このような参拝神への崇拝のような活動は、秋田の「浅瀬」や北陸の「繭の剥ぎ怪物」のいけにえ儀礼など、南の島すべてで見られるようです。

フサマラ

八重山諸島の波照間島では、太陰暦7ヶ月のお盆のお祭りで毎年、「さまさま」という祭祀が行われています。南からのユニークな参詣神「ふさはら」が仮装パレードに参加します。 「ふさ」とは草を意味し、「マラ」とは珍しい来訪者を意味する、つまり北東にある「命取り」や「繭取りモンスター」などの参拝神の親戚である。フシャマラに扮した地元の小中学生は全員、手作りの仮面をかぶって、山のやしを持ち、ブドウの木で覆われています。フシャマラはもともと雨を祈る神であり、雨を祈る式典に登場しました。琉球列島の夏は乾燥しており、波照間島は雨が少ないです。したがって、雨を祈ることは非常に重要な犠牲の儀式です。八重山諸島の西表島では、太陰暦6か月目の収穫祭の2日目として、水関連のレン(水の兄弟)とクー(水)を設定し、赤間と倉俣を召喚します。二つの神々の儀式。これら二つの神々は、米の収穫を祝福する守護聖人であり、「フサマーラ」としても知られています。フシャマラは、水神としてのアイデンティティを強調する別の名前だとも言われています。

マスコット

岩手県・芝郡に物語がある:ホテルで出会った二人の男性は、妻が出産しようとしていることを知った。 「妻が男の子を出産し、あなたの妻が女の子を出産した場合、彼らは大人になったら結婚するだろう」と彼らは言った。 2人が家に帰ったとき、1人は男の子を出産し、もう1人は女の子でした。二人の子供が育ったとき、彼らは父親の同意に従って結婚した。女性は幸運の星を持って生まれたので、家族の富は豊かで、より多くの人々が出入りしています。男はこれが気に入らなかった。老人は彼に考えを与えた。「明日の朝起きて、ヨモギでできた矢をクリスタルの弓で倉庫の屋根に向けて発射する。」それで、男は弓矢を用意しました、翌朝、倉庫に来たとき、屋根の上に座っている四つんばいの老人を見ました。その男はためらうことなく矢を放った。ほどなくして奥さんが倉庫に足を踏み入れたところ、その中の老人が「私は祝福の神です。矢が当たったのでここを離れなければなりませんでした。」と言った後、彼は去った。その後、家族は貧しくなり、彼の妻は逃亡した。

由緒あるビンヘッド

この神は「ビンヘッド神」または「足仏」などとも呼ばれます。多くの人々は、体の特定の部分が病気に悩まされ、神の同じ部分に触れると、病気が治る可能性があると信じています。栃木県芳賀郡益子町西明寺には二頭の神が祀られており、それぞれの髪をとかすためのヘアピンで覆われています。これは、申立人がストロークの代わりにカードを使用した結果である可能性があります。西洋でも同様の「愛撫」があり、一年中愛撫されることで聖母像の足元がなめらかになり、埼玉県川越市にある神神ビンシンジの頭もなめらかです。その後、彼は再びそれを描きました。ビンヘッド神は元々は釈迦牟尼の弟子であり、かつては16の羅漢の1人でした。彼には大きな魔法の力がありましたが、彼の魔法の力を示すのが好きだったため、釈迦牟尼に叱責され、ニルヴァーナを許されませんでした。

枚方の陰の神

追神天皇(270〜310)時代、出雲枚方田舎の神尾山に正体不明の神々の神様が現われ(今日、兵庫県伊保郡伊房郡大志町佐岡丘前)、通りすがりの歩行者を殺害した。 10人のうち5人、5人のうち3人を殺します。この神は女神であり、出雲の人々がいつこの神を崇拝し始めたかはわかりません。勇陰神は暴力的で自発的で、ここを通り過ぎる旅行者はとても怖いです。当時、保木国(今日の鳥取県)の大坊3、稲葉国(今日の鳥取県)の武宿、出雲国(今日の島根県)の土岐が3人でした。非常に困惑し、彼はその問題を誠実に政府に報告した。政府はすぐにヌカダベらを悪の神に祈るように送った。彼らは、八方に神々のための宮殿を建て、佐々山にワインハウスを建てました。ワインハウスは、神々を崇拝するために神聖なワインを醸造し、ユイン神を崇拝するために使用されました。すぐに、あるグループの人々がストリームを追いかけ、別のグループの人々が呪文を唱え、最終的にユインの神を鎮圧した。陰陰神の抑圧により、近くの川は後に「延川」と呼ばれました。

ハーフピントン

昔、宮崎県のバンピントンに行ってきました。しかし、それは人間と神の半分のようです。幸運な神のように見える奇妙な天神を見た半平石の仏を見つけるのは大変でした。バンピントンは面白いモンスターに似た一種の神で、彼の前に魚が1匹だけいます。村人たちは喜んで話したり笑ったりしました。ハーフペースはこの「穏やかな」雰囲気に関係しているようです。民俗信念を過小評価してはならない民俗信念にはさまざまな未解決の謎が含まれていると思います。九州にはたくさんの民俗神がいますが、バンピントンもそのひとつで、とてもかわいくて面白いです。大分の「よし46」や熊本の「ひこいち」と同様に、バンピントンは宮崎県の有名な知恵物語の主人公としても有名です。

生ストリッピング

「刺身」は秋田県で非常に有名な儀式活動ですが、その起源を知っている人はほとんどいません。地元の人々はそれを厳粛な儀式と見なしています。毎年、太陰月の15日目の夜に、村のシンプルで優しい若者たちは、ひどい仮面をかぶり、叫びながら家から家へと声をかけました。彼らは一種の「カイ・ラミー」の服を着て、大きな木製のナイフといくつかの小さなナイフを箱に入れ、それらを「激突」しました。また、「生皮」の歌詞は、「火の玉が剥がれていますか?皮が剥がれていますか」「包丁は研がれていますか?研がれていますか」「小豆は煮られていますか?」と書いてあります。しみ(長時間焼いてつくる一種のしみ)に小豆を茹でて食べると、すごく怖いです。言い換えれば、幽霊は冬の間動かないままでいるスラッッカーの皮を剥がし、毎日火に集中し、それからそれらを食べます。秋田県男鹿市は3つのグループに分かれるといわれており、第1グループは男鹿本山、第2グループは太平山、第3グループは八方方面の氷を通過する。

ナマズ

ナマズを神として崇拝するかどうかは定かではありませんが、ほとんどの場合、ナマズを水神の近親者と見なしています。熊本県玉名郡では、ナマズは信仁大津阿蘇神社の藩に属していて食べられないといわれています。誰かがそれを食べると、彼らは白斑(皮膚病)を発症します。佐賀県でも同様のことわざがあり、淀姫神社の使者はナマズといわれており、この神を信じる人がナマズを食べると腹痛で死んでしまいます。ナマズを食べると白斑を起こすと思っているのは熊本県だけではありません。これはナマズを神格化した結果のようです。かつてはナマズの怒りが地震の原因であると考えられていましたが、これは地震前のナマズが地震の影響を受けやすく、騒ぎを起こしたためと考えられます。場所によっては、突然たくさんのナマズを捕まえたり、ナマズが表面に出て泡を吐いたりすると、地震の前兆となると考えられています。自然観察に長けた古代人は地震とナマズを結びつけていました。

スドン

スイドンは今年の神です。鹿児島県の西ノ島の人々は、水道は月の神の別名であると考えています。スイドンは平日に天国に住んでいます。シミツェン島のセンセノウラでは、水戸洞が大晦日に頭のない馬に乗って鈴を鳴らし、近くの山に下りて世界にやって来ると人々は思っています。スイドンの鼻は天狗のようで、白い髪の老人のようです。 Xiazheng島では、Suidongはまだ大晦日に現れます。もちろん、これは犠牲的な活動です。家族で子供連れの方は、事前に水洞に扮した人に挨拶をし、天狗やヤシやソテツの葉で作った髪の仮面やローブを着て夜に家に来るように頼みます。スイドンは家に行き、悪い子供たちを罰し、彼らに訂正を求め、子供たちに「1歳のケーキ」を渡してから、戻ってきます。新年のケーキを受け入れることは、子供が1歳に成長したことを意味すると人々は信じています。受け入れられない場合、年齢は増えません。新年のケーキは新年のお金です。前述したように、スイドンは大晦日に頭のない馬に乗って世界に行きます。徳島県にも同じように登場する「ナイトウォーカー」というモンスターがいます。おそらく、Nightwalkerはスイドンが陥落した後の様子です。

時間神

鹿児島県や熊本県南部では「時間」というイベントが行われています。感染症が発生したり、火災が発生したりすると、村人が集まって活動を行います。このような活動は、月に1回、年に1、2回などの定時にも行われ、村人全員がおにぎりや餅を作って一緒に食事をするのをやめます。このような活動は「時間」とも呼ばれます」鹿児島県末吉町(今日の元の町)の南郷・高田では、太陰暦の4月3日に「時間」を開催し、餅をストローバックに入れて、村の入り口に掛かっている箸。人々がこれをする理由は、時の神を崇拝するためです。シシェンは、幸運と不運を予測できる鳥です。神の預言を無視して洪水に流された男がいました。では、時間の神とは正確には何ですか?末吉町ではカラスを時の神と捉えていますが、カラスは山の神の使いとされています。いわゆる「時」とは、いけにえの儀式のことで、「時の神」という言葉がありますが、実際にはそのような神は存在しません。

神によって

アイヌ民族はかつて、すべての人々が神々に執着しているというようなことわざを広めました。所持する人は神様に依存しているので、人格は異なります。ピン神は、ヘビ、クマ、イタチ、コウモリ、ミツバチなど、人が生まれたときに自分の世話をするあらゆる種類の神々です。神に依存することは、神による先天的な所有と、神による後天的な所有に分けられます。時には、神と共に生まれた少数の人々がいるほど、その数が多いほど、人間の能力は大きくなります。同時に、ピンシェンは守護聖人としても機能します。また、獲得した神々には熊神などの守護神と「ケチュンプ」などの害獣がいますが、日高春天地域では、病弱な病弱な女性が人々は自分が蛇や神に取り憑かれるようにすることをします。練習では、老人は荷物やハーフカットの枝編み細工を結ぶためにロープでヘビの形を作り、火の神に祈り、そして人々がチャフを捨てるチャフフィールドに来て、守護聖人であるヘビから魂を受け取りました。次に、悪霊を追い払う方法として、病人と弱者の肩の上に置きます。その後、人々の健康を損なう悪霊は蛇神に追い払われ、蛇神は神に愛着される。

燃やす権利

海の守護聖人とされている島根県隠岐市には、燃える火神社があります。この神社についての話もあります。はるか昔、後藤天皇は、城反乱(1221)のために隠岐に亡命しました。魚に出かけた後、鳥羽は天皇に向かう途中で嵐に遭い、ジレンマに陥っていました。それで、天皇は詠唱して祈り、嵐は止まり、神の火が彼を導くために海に現れました。天皇は無事に陸地に戻り、「海は藻の塩を燃やしている、何を燃やすのか?藻の煙しか見えない」と喜んで言った。突然、奇妙な老人が近づいてきてこう言った。「あなたがたった今唱えた日本の歌。すでに「藻を燃やしている」と言ったので、もう一度「燃やす」と尋ねる必要はないと思います。「燃やす」とだけ言ってください。大丈夫です。」皇帝はショックを受け、彼は誰なのかと尋ねました。相手は「私は永遠にここに住んでおり、今後もここで船を守り続けます。」と彼は姿を消した。天皇が空海が彫った薬仏でここに小さなお寺を建てたそうです。これまで、毎年12月29日の太陰暦では、まだ神聖な火が海に現れ、神社の灯籠に飛び込みます。

宝福朱

会津若松市郊外の基隆寺には、大きな柱が横に並ぶ古代の観音菩薩が祀られています。この柱は「宝福朱」と呼ばれています。誰かがこの柱を抱きしめれば、死んだ葉のような痛みもなくパラダイスに行くでしょう。古代から現在に至るまで、多くの老人がここを抱きしめてきて、柱は磨かれ黒く輝いています。櫛は柱に掛けられており、そうすることで観音に痛みを与えることができると言われています。恵龍寺は女性の髪にも精霊をまつっており、驚いた。何千年も前から存在していたこの光沢のある黒い柱を見ると、肉眼では見えない何かを感じているようです。目に見えないが、それは信じられないほどの「気」でいっぱいです。楽にパラダイスに行けるのは、多くの人が夢見ていることです。そのため、「ガバン寺院」と呼ばれる修道院もあり、寺院を訪れた後、人々は苦もなくエリジアムの楽園に駆けつけます。これらの寺院の線香は非常に強いです。

天県神社

日本人の性器崇拝には長い歴史があり、このようなものを国中に崇拝する場所があります。岩手県遠野市には「黄金の精霊」と呼ばれる石のファルスが祀られており、鳥取県大山町には木造のファルスを祀る「神社」という神社がある。陰茎を崇拝するのは、夫婦の調和と子孫の繁栄を祈るためです。愛知県の天仙神社に行った時、びっくりしましたが、巨大なペニスが祀られていました。人々はさまざまな形の男根に犠牲を払い、木や石から切り分けられたり、陰茎で塗られたりしました。古くから、男根には「霊力」があり、出産の原動力であると考えられてきたため崇拝されてきました。そうは言っても、一つ覚えていることがあります。近所に連れて行ってくれた女性ドライバーが、奇妙なことを言ったことがあります。道の真ん中に奇妙な木があるのです。誰かがこの木を伐採した場合、それは死ぬでしょう。現在までに3人が亡くなり、道の真ん中にはまだ木が生えています。木には特別な力があると思いましたが、触ったところ、普通の木だとわかりました。

資金洗浄

鎌倉には銭来弁天という楽園というところがあります。正確には関西弁財天の宇賀福神社です。神社は崖に囲まれていて、洞窟を抜けるとここに行けます。神社の中庭には洞窟があり、洞窟内では水がゴロゴロと音を立てています。ここできれいな水を使ってお金を洗えば、大金になると言われているので、「マネーロンダリングベンティアン」と名付けられました。特に富に関しては、人々の運命は信じられないほどです。大きな落とし穴を作る人もいれば、理由もなくお金を失う人もいます。それは違いの世界です。富は理由で説明できるものではありません。銭洗浄ベンティアンは人々の心理を巧みに捉えました。株や現金に関係なく、ここに水が浸っていれば、3倍から5倍に成長し、崇拝に訪れる善良な男女の果てしない流れがあります。参拝に行くと、燃える線香の香りと煙にびっくりしました。

シニカアクティビティ

岩手県の沿岸集落では、毎年最初の月の15日の夜に怠惰な人々を罰するためにやって来るモンスターを「シナイカ」と呼んでいます。シナイカはひどい木製の仮面をかぶり、家から家へと歩き、人間のふくらはぎから火の点を取り除きました。出現すると、扉を揺さぶったり、爪で引っ掻いたりします。家に入ると、家の子供たちに「いいですか…」と聞かれるので、子供たちは怖がります。岩手県気仙郡吉浜(今日の大船渡市)では、2、5、7歳ごとの年齢を35歳としている。新年には男性は木製の仮面やドレスを着て、シナカの格好をします。仮面の素材は山奥の奇妙な木で、普通の木は使えません。この種のマスクは悪霊を追い払うことができ、人々はそれを注意深く保管します。時々、子供たちはシナイカの格好をし、タイル張りの紙を着色してゴーストマスクを作ります。

神羅

昔から、鹿は神の所有物の対象であると人々は信じていました。肥前(現在の佐賀県、長崎県)では、ここに生息する鹿は神々の使者であり、狩猟者が気軽に殺すことはできませんでした。一人の男がそれを信じず、銃を持って神の島に押し入った。彼の前に鹿が現れ、彼は鹿の急所を狙い撃ちました。弾丸は明らかにヒットしましたが、鹿は痛く見えませんでした。男はもう一度発砲し、鹿は無傷のままでした。 「くそっ!」ちょうど3発目を発射しようとしたところ、突然無数のシカが山中に現れて彼を取り囲んだ。その男は怖がり、銃を持って逃げ出し、ついに脱出した。彼の友人は彼が少し異常であると思ったので、彼らは尋ねました:「神の島で何が起こったのですか?」男は落ち着いたふりをして何も言わなかった。しかし、誰もが彼の顔が間違っていることに気づきました。みんなに質問された後、彼は真実を語った。彼の説明を聞いた後、誰もが鹿の力に感心しました。

地蔵

福島県の相馬郡と石川郡の地域では、誰かが病気になったり何かを失ったりすると、村の女性たちが集まり、輪になって、子供が悪魔払いの旗を持って真ん中に立っています。 「Nammo Ksitigarbha菩薩、Ksitigarbhaを所有している」と、女性たちは繰り返し繰り返し歌います。催眠術の影響で、子供たちは精神の旗を振り始めました。このとき、地蔵さんが所持しているお子さんに、処方せん、病気を治すことができるお医者さん、失われたものを見つけることができるかどうかを尋ねます。地元の子供たちも「ジザンツアー」というゲームをします。具体的な遊び方は、子供に親指を隠してもらい、目の前にあるナンティエンジュの葉を手に持って座ってもらいます。他の子供たちは彼を取り囲み、M南無地蔵菩薩を円を描くように歌いました。「真ん中の子供たちの手にある南の笹の葉が揺れます。子供たちは地蔵の神を持っていると言います。」次に、物がどこに落とされたかなどの質問をします。地面を隠すことができるのは子供だけではなく、時には女の子やおばあちゃんもいます。

山の神

講談社発行の「弁」というパンフレットを間違えて見たところ、高橋喜平が「山の神」というタイトルの記事を見つけました。林野試験場の山形支部で働いていたとき、友人が山に大切な時計を置いていた。 「残念ですが、あきらめてください。」彼が話し終わるとすぐに、友人は不可能だと言った。山の神に聞いてみてください。それで、彼はその友人を山に連れて行き、丘の中腹に行きました。排尿中、友人は口の中で「山の神よ、私の大切な時計はなくなっています。助けてください」と言いました。それから彼は見回し続けました。 「彼は約20メートル離れた場所を指差しました。私は自分に考えました。それは空想です。しかし、彼が指さしている方向を見ると、時計はそこにありました。高橋喜平は当時それは信じられないことだと感じましたが、彼は偶然だとは思わなかったし、何か動かされたに違いないとのことで、時計を見つけたので、山神なのか怪物なのか、人間の祈りを感じることができると思います。

クマの神

かつてアイヌの中で、彼らが誰であろうと、少なくとも1人、最大3人の神が所有しているということわざがありました。しかし、必ずしも神に憑かれるとは限らず、生まれてから神に憑かれる場合もあります。かつてそのような話がありました:女性が山菜に山菜を掘りに行って、偶然に山のクマ(神)に出くわしました。女性はびっくりし、痛みで地面に横たわっている神クマを見ました。彼女は心を落ち着かせてよく見て、神クマの喉がおにぎりほどの大きさのダニで覆われているのを発見しました。女性は近づこうとはしませんでしたが、彼女はくつろいで見るのに耐えることができず、ついに神のクマがすべてのダニを捕まえるのを助けました。クマの神様が女を憐れみさせ、女がダニを捕まえると、立ち上がり、山に姿を消しました。女性は安堵のため息をついた後、家に帰った。その夜、クマの神は彼に感謝するために女性の夢にやって来て、神によって女性であることに同意しました。それ以来、熊の神がこの女性の神になりました。その後、彼女は子供と孫でいっぱいの良い夫を見つけ、彼女の老後を平和に過ごしました。アイヌの能力の大きさは神の数で決まるといわれ、神が多いほど能力は大きくなります。

ディンバ地蔵尊

京都は歴史的な遺物を保存する優れた仕事をしてきました、そして、安倍晴明の「ハリメイ神社」さえあります。安倍晴明は神社に祀られ、この世に存在し続けています。地獄めぐりの小野館が祀られている神社もあり、中には人形のような大野館の像があり、意外です。しかし、西陣の長葉地蔵を祀る神社も不思議な場所です。 Dingba Jizo Zunは、釘を抜くのと同じように、人々の心配を引き出します。近くの老人たちが毎日参拝に訪れます。石碑には感謝の銘が刻まれており、内容は次のとおりです。痛みを和らげてくれる地蔵さん、何世代にもわたって栄光をお贈りください。まだ爪や爪落としがあり、不思議な感じがあります。笑うのは本当に難しいです。

クシェン

甲府盆地の北東部、トリピタカ山の東には、ピラミッド型の美しい神山である大室山があります。東山麓東山梨県春日井町の町並み(現在は本吹市)に山梨岡神社がある。神社には木の彫刻があり、片足だけの奇妙な獣で、牛とヒキガエルが組み合わさったように見えます。この木製彫刻は、7年に1回開かれ、雷の保護と悪魔払いの神として、人々の崇拝を受け入れています。その名前は「クイシェン」です。クイは、中国の戦国時代に書かれた「シャンハイジン」に記載されているモンスターです。本には、「東シナ海には六坊山があり、海に7千マイルもあり、獣がいます。 、牛のように見え、角のない大きな体と片足があります。 7JCに出入りする時は、風と雨があり、その光は太陽と月のようであり、その音は雷のようなものであり、その名前はクイです...」①「マンダリン・ル・ユクシア」には、「木と石の奇妙さをクイと言う魉」とあります。象…」(2)くいは山谷や多段など日本の片足の怪物の祖先とも言われているが、山梨県がそのような神を崇拝する理由は未解決の謎である。

木の神

古代からそのようなことわざがありました:いくつかの木は、ガジュマルの木などの特定のモンスターの避難所になります;いくつかの木は神の住居であり、いくつかの木自体は神です。日本の神話では、イザナキとイザナミの2つの神々がすべてを作成したときに、2番目に木の神が作成されたため、その起源はかなり長いです。日本には人類の前に人間として木の神々が登場する話もあります。神社仏閣の樹神(神木)は「工藤マン」と呼ばれ、庭を守る霊です。神聖な木は、神々が空から世界へ、または世界の神々の一時的な住居に降りる唯一の方法です。この種の神聖な木の特徴は、幹が2〜3本の枝に分かれており、神々の気持ちを伝えることができることです。神社の木や山神として崇められている木は神聖な木です。このような神聖な木の上に住むエルフは木の神です。

川倉地蔵堂

若い頃、道端に小さな地蔵堂がよくありました。静かな森の小道を歩いていると、急に地蔵堂に出会い、リラックスするしかありません。最も尊敬される地蔵のひとつが青森県金城町(現在、五所川原市)にある川倉地蔵です。地蔵堂で祈った後、悲しみと苦痛から身を守ることができると考えているため、生から死まで、地蔵堂がすべての願いを叶えてくれることを願っています。写真には軍服や帽子の人形もあり、戦争で亡くなった息子を誰かが実際に立っているように支えているのかもしれません。本堂横には巨大な地蔵があり、どんな願いも叶える表情があります。松の木の下には、ドレッド山への出張から帰ったばかりの老婦人がいて、死者の世界についてみんなに伝えています。彼女の自信に満ちた表情を見ていると、人々は太陽の下にいるのか地下にいるのかわからないような錯覚を持っています。地蔵堂で見られる死後の世界は手の届くところにあり、人々に不可解な喜びの感覚を与えています(たぶんそれを喜びと呼ぶことはできないでしょう)。

二枚貝

出雲の大国王(今日の島根県)は、八十人の兄弟(「八十の神」と呼ばれる)の困難にしばしば直面した。あるとき、八十八神が稲葉(今日の鳥取県)の八条美舞に提案したが、八条美舞は大国王と結婚したと主張した。 80人の神々が怒り、偉大なる国家主を殺そうと計画した。帰り道、法喜(今日の鳥取県)の玉山ふもとに到着したとき、八十神は「イノシシを追い出そう。捕まえなければならない。さもなければ殺す。話し終わった後、大きなイノシシの形をした岩をみんな赤く燃やし、それを大国の方向に押し下げました。大きな石をつかまえた大御所は、やけどして死にました。母なる神ソーンキングダムが大いなる力に憐れみを売り渡した場合、彼は誕生巣の神に彼を復活するように頼みます。西森は貝や貝を送って売りました。クラムベイビは貝の殻を売り払って燃やし、クラムベイビは貝の体から水分を放出し、貝殻の粉末を水に溶かして牛乳を作り、それを大国の体にこすりつけます。しばらくすると、偉大なる主は復活し、以前よりもハンサムになりました。この話は、太陽神の火傷処方の原材料が貝などであることを示唆しているとのことです。これもまた、最古の漆喰とみなすことができます。

牛玉乾

牛御前とは、明治以前の牛島神社の総称で、墨田区最古の神社です。かつては隅田川に牛や幽霊のような怪物が村を乱暴に駆け抜け、牛玉乾に侵入して体からベゾアールを落とし、その後去っていった。このベゾアールは、町や地域社会の宝として今日まで受け継がれています。神社の祭祀神スサノオマニは「ヌトゥティアンワン」とも呼ばれ、雄牛の幽霊のような暴力的な性格を持っています。上記のモンスターはその化身のようです。 「私の妻の鏡」と呼ばれる古代の本には、牛の幽霊の記録があります。建昌三年(1251)の3月6日、隅田川対岸の浅草に牛のような怪物が突然現れ、浅草寺に突入し、50人の僧侶7人、さらに24人が殺害された。負傷した。この本はこのモンスターとニウユキアンの関係を説明していませんが、ニウユキアンの荒涼とした魂(問題を引き起こしたり、災害をもたらす可能性がある神)である可能性があります。京都市東山区祇園町の八坂神社には、疫病を防ぐことができる神とされ、須佐野大王の荒廃した魂として「魂の神」として畏敬の念を抱く牛頭天王が祀られています。

未練の神

愛知県南白楽郡の蓬莱地村(現在の新都市)にある「ほのぼぼ」と呼ばれる渓谷で、日中は荒々しい森が広がっています。ある日、ロックバレーから4〜5人の木こりがこの森に入ると、葉のない巨大な古いケヤキの木が見つかり、古い木を新鮮な薪で満たし、火をつけました。翌朝、彼らはさりげなく灰にされた古いケヤキの木にやってきました。誰もが言い表せない魚臭い匂いを嗅ぎ、歯や骨を見た。木こりが言った、「私たちはひどいものを燃やしました。」そして、皆は彼らの命のために走りました。その夜から、彼らは高熱があり、ベッドで病気でした。彼らは蛇が転がるように苦しそうに見えた。村人たちは何かが問題を引き起こしているのではないかと疑い、フェンライ寺院から僧侶を招待しました。僧侶がきこりの様子を見て、「これは千年もの間修行してきた蛇だ!」と言われ、古いブナの灰を石棺に入れました。フェンライ寺院の僧侶たちはこの大きなヘビに「掃除の障害と汚れのない神」というタイトルを授け、それから壮大な犠牲を払いました。毎年、お盆祭では、岩谷の人々が武装神に礼拝を捧げながら、「風の窪の根元、今は武将大明寺」と歌っています。