宝福朱

会津若松市郊外の基隆寺には、大きな柱が横に並ぶ古代の観音菩薩が祀られています。

この柱は「宝福朱」と呼ばれています。誰かがこの柱を抱きしめれば、死んだ葉のような痛みもなくパラダイスに行くでしょう。古代から現在に至るまで、多くの老人がここを抱きしめてきて、柱は磨かれ黒く輝いています。

櫛は柱に掛けられており、そうすることで観音に痛みを与えることができると言われています。恵龍寺は女性の髪にも精霊をまつっており、驚いた。

何千年も前から存在していたこの光沢のある黒い柱を見ると、肉眼では見えない何かを感じているようです。目に見えないが、それは信じられないほどの「気」でいっぱいです。

楽にパラダイスに行けるのは、多くの人が夢見ていることです。

そのため、「ガバン寺院」と呼ばれる修道院もあり、寺院を訪れた後、人々は苦もなくエリジアムの楽園に駆けつけます。これらの寺院の線香は非常に強いです。

コメントを残す?