燃やす権利

海の守護聖人とされている島根県隠岐市には、燃える火神社があります。この神社についての別の話があります:

古くは、後宮天皇が清乱(1221)により大木に亡命した。

魚に出かけた後、鳥羽は天皇に向かう途中で嵐に遭い、ジレンマに陥っていました。それで、天皇は詠唱して祈り、嵐は止まり、神の火が彼を導くために海に現れました。天皇は無事に陸地に戻り、「海は藻の塩を燃やしている、何を燃やすのか?藻の煙しか見えない」と喜んで言った。突然、奇妙な老人が彼に近づいて言った:

「あなたがたった今歌った日本の歌なので、「藻を燃やす」はすでに言及されているので、「彼を再び燃やす」と尋ねる必要はないと思います。「火を燃やす」とだけ言ってください。」

皇帝はショックを受け、彼が誰であるか尋ねました。相手は「私は永遠にここに住んでおり、今後もここで船を守り続けます。」と彼は姿を消した。天皇が空海が彫った薬仏でここに小さなお寺を建てたそうです。

これまで、毎年12月29日の太陰暦では、まだ神聖な火が海に現れ、神社の灯籠に飛び込みます。

コメントを残す?