時間神

鹿児島県や熊本県南部では「時間」というイベントが行われています。感染症が発生したり、火災が発生したりすると、村人が集まって活動を行います。

このような活動は、月に1回、年に1、2回などの定時にも行われ、村人全員がおにぎりや餅を作って一緒に食事をするのをやめます。このような活動は「時間」とも呼ばれます」

鹿児島県末吉町(今日の元の町)の南郷・高田では、太陰暦の4月3日に「時間」を開催し、餅をストローバックに入れて、村の入り口に掛かっている箸。

人々がこれをする理由は、時の神を崇拝するためです。シシェンは、幸運と不運を予測できる鳥です。

神の預言を無視して洪水に流された男がいました。

では、時間の神とは正確には何ですか?末吉町ではカラスを時の神と捉えていますが、カラスは山の神の使いとされています。

いわゆる「時」とは、いけにえの儀式のことで、「時の神」という言葉がありますが、実際にはそのような神は存在しません。

コメントを残す?