ハーフピントン

昔、宮崎県のバンピントンに行ってきました。しかし、それは人間と神の半分のようです。幸運な神のように見える奇妙な天神を見た半平石の仏を見つけるのは大変でした。

バンピントンは面白いモンスターに似た一種の神で、彼の前に魚が1匹だけいます。

村人たちは喜んで話したり笑ったりしました。ハーフペースはこの「穏やかな」雰囲気に関係しているようです。

民俗信念を過小評価してはならない民俗信念にはさまざまな未解決の謎が含まれていると思います。

九州にはたくさんの民俗神がいますが、バンピントンもそのひとつで、とてもかわいくて面白いです。

大分の「よし46」や熊本の「ひこいち」と同様に、バンピントンは宮崎県の有名な知恵物語の主人公としても有名です。

コメントを残す?