枚方の陰の神

追神天皇(270〜310)時代、出雲枚方田舎の神尾山に正体不明の神々の神様が現われ(今日、兵庫県伊保郡伊房郡大志町佐岡丘前)、通りすがりの歩行者を殺害した。 10人のうち5人、5人のうち3人を殺します。

この神は女神であり、出雲の人々がいつこの神を崇拝し始めたかはわかりません。勇陰神は暴力的で自発的で、ここを通り過ぎる旅行者はとても怖いです。

当時、保木国(今日の鳥取県)の大坊3、稲葉国(今日の鳥取県)の武宿、出雲国(今日の島根県)の土岐が3人でした。非常に困惑し、彼はその問題を誠実に政府に報告した。

政府はすぐにヌカダベらを悪の神に祈るように送った。

彼らは、八方に神々のための宮殿を建て、佐々山にワインハウスを建てました。ワインハウスは、神々を崇拝するために神聖なワインを醸造し、ユイン神を崇拝するために使用されました。

すぐに、あるグループの人々がストリームを追いかけ、別のグループの人々が呪文を唱え、最終的にユインの神を鎮圧した。陰陰神の抑圧により、近くの川は後に「延川」と呼ばれました。

コメントを残す?