フサマラ

八重山諸島の波照間島では、太陰暦7ヶ月のお盆のお祭りで毎年、「さまさま」という祭祀が行われています。南からのユニークな参詣神「ふさはら」が仮装パレードに参加します。 「ふさ」とは草を意味し、「マラ」とは珍しい来訪者を意味する、つまり北東にある「命取り」や「繭取りモンスター」などの参拝神の親戚である。

フシャマラに扮した地元の小中学生は全員、手作りの仮面をかぶって、山のやしを持ち、ブドウの木で覆われています。

フシャマラはもともと雨を祈る神であり、雨を祈る式典に登場しました。琉球列島の夏は乾燥しており、波照間島は雨が少ないです。したがって、雨を祈ることは非常に重要な犠牲の儀式です。

八重山諸島の西表島では、太陰暦6か月目の収穫祭の2日目として、水関連のレン(水の兄弟)とクー(水)を設定し、赤間と倉俣を召喚します。二つの神々の儀式。これら二つの神々は、米の収穫を祝福する守護聖人であり、「フサマーラ」としても知られています。フシャマラは、水神としてのアイデンティティを強調する別の名前だとも言われています。

コメントを残す?