運命の祭壇

高知県土佐市の清滝寺に行ってきました。四国八十八ヶ所のひとつです。そこに不思議な石が置かれ、不思議な気分になりました。石の上には巨大な仏像が立っていて、その横には奇妙な老婆が立っていました。

その老婆は私に百円払うように頼んだ、そして私はそれを彼女にあげた。彼女は私を秘密の通路に導きました。 -洞窟は暗く、しばらく歩いてみると、薄明かりの中に仏像が見えました。よく見ていると、突然誰かが背中を撫でました。振り返ってみると、たった今おばあさんだった。彼女は手で上から下に背中を撫でました。少しおかしいと思い、老婦人は立ち止まって「こうして不運を追い払う」と言った。

老婆は出口がどこにあるか私に言った、そして私は急いだ。

当時、参拝に来る人は少なく、ひどい気分になりました。出口を出た後、おばあさんはさりげなくその場所に立ち、次の観光客を待っていた。

いつもおばあちゃんは怪物だと感じていたので、しばらくじっくりと見ていました。何も起こらなかったのに不思議な感じがして、山を下りました。

コメントを残す?