六大神

愛知県岡崎市の六大神にまつわるお話です。

かつて、村人たちは祭祀の準備をしながら神社の舞台を広げました。その時、誰かが便器を使って水と泥を持ってきて、それを壁に拭きましたが、誰も気づきませんでした。

ステージが拡大した日には、若者達がリハーサルをして踊りました。その夜から、奇妙なことが繰り返し起こった。多くの場合、ステージには大きな綿や火の玉が転がっています。

村人たちは少し変な感じがしたので話し始めました。その結果、誰かが建設中にトイレを使用したことが誰にでも知られていました。

3日目の真ん中に、村人が集まって話し合ったとき、Liusuo山の地域で突然大きな音が聞こえました。ヤントンを右手に、大きなキャンドルを左手に持つと、突然3メートルを超える巨人が村人の前に現れました。巨人は怒って彼らを見つめました。

この巨人は六大神と言われ、トラブルを恐れた村人たちは心からお詫びしました。一般に、神々の怒りは幽霊の形で表されますが、6人の偉大な神々が直接現れ、それがどれほど怒っているのかを示しています。

コメントを残す?